Ultramarine Blue and Copper Red

群青と赤銅

群青と赤銅はひとつの象徴であり形代だ。赤と青。女と男。共存と断絶。その意味は受け手によって草花の如く枝分かれし姿を変える。真白なキャンバスに紙飛行機が飛んできては知識を植え付け思想を塗りつけるかのように、私たちは怒涛の色付けをされてきた。頭のなかの紙飛行機は蓄積していき、身体は水風船みたいに膨らむ集積の塊だ。膨大な時間軸を清廉潔白では生きられないことを私たちは無数の目から覗き込み体感している。輝くような色光と濁った汚水を身に詰めて素知らぬ顔をして歩む傍らで、私の生み出すものがあなたとの鏡合わせの依代になればと願う。

Sachiko Kamiki

2018.06.08 - 06.24

“膨大な時間軸を清廉潔白では生きられないことを私たちは無数の目から覗き込み体感している” —神木佐知子

ホワイトストーン・ギャラリー銀座新館では、この度神木佐知子個展『群青と赤銅』を開催致します。

神木佐知子は2017年女子美術大学大学院洋画専攻博士前期課程を修了、優秀な学生に授与される大久保婦久子賞を受賞。今展は軽井沢ニューアートミュージアムに引き続いての二度目の個展となり、東京では初となります。神木作品は、草花や雪、窓といった象徴的なモチーフを通し、そこから現代社会の在りようや個の実在、その相互的な浸食関係を問いかけます。今回新たに加わるモチーフは「目」。タイトルが指し示すとおり「群青(青)」と「赤銅(赤)」の二色のダイアローグによって反復されています。そのダイアローグは、観る者と作者の眼差しの交錯であるとともに、作者が自己と向き合う内省でもあるのです。

単なる視覚を超えた現代的な「体感」のダイナミズムを、正統派のタブローに落とし込んだ神木佐知子の大局観溢れる世界を、是非この機会にご堪能くださいませ。皆さまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

 

“In vast accumulation of time-axis, we are not able to live a clean life. We feel this fact through innumerous eye.”— Sachiko Kamiki

Whitestone Ginza New Gallery is pleased to announce the opening of Sachiko Kamiki’s exhibition “Ultramarine Blue and Copper Red”. In 2017, Kamiki received a master’s degree at Joshibi University of Art and Design, with Fukuko Okubo Prize, given to the student who expressed outstanding talent. Following her first solo exhibition in Karuizawa New Art Museum last year, this will be Kamiki’s first exhibition in Tokyo. Through symbolic motives like flowers, plants or windows, Kamiki asks a question of the state of contemporary society, existence of individuality, and its reciprocal erosion. “Eye” is the new motif added to this time. As the exhibition title indicates, her brand-new work consists of repetitions and dialogues of two colors: ‘ultramarine blue’ and ‘copper red’. This dialogue is the crossing point of eyes not only between the artist and the viewer, but also between the artist and the inner self of the artist. In her wide perceptive world, dynamism of whole ‘physical sensation’ beyond visual perception is portrayed into the solid basis of tableaux technique. We cordially invite you to this precious opportunity.

 

「在龐大時間軸的累積下,我們無法過著乾淨的人生。我們透過無數的眼光感知到這項事實。」—神木佐知子

白石銀座新館很榮幸宣布神木佐知子展覽的開幕–「群青藍與赤銅紅」。神木於2017年取得女子美術大學碩士學位,並因傑出的表現獲頒大久保婦久子賞。此次將是繼去年於輕井澤新藝術美術館的個展後,神木首次於東京舉行個展。神木透過標誌性的母題,像是花朵、植物或窗戶,對於當代社會的現況、個人的存在及互相侵蝕的狀態做出了提問。「眼」是近期加入的新母題。如展名所提示,她的新作以二種顏色的重複出現與對話作為主軸:「群青藍」與「赤銅紅」。這種對話不單存在於藝術家與觀者眼神交錯之間,更是藝術家自己與更深沈的自我的對話。在她寬廣的感知世界中,超越視覺的整體「生理感知」動能皆被刻畫進堅實的繪畫技巧中。我們誠摯的邀請您前來參與這個難得的機會。

written by Whitestone Gallery